情報処理の基礎、ITエンジニア入門なら

情報単位ービットとバイト、接頭語

情報の単位ービットとバイト、接頭語

 

ここでは、コンピュータを使っているとよく触れる、bit(ビット)やGbyte(ギガバイト)などの情報の単位単位を説明しています。

 

ビットとバイト

2進数の1ケタをビット(bit)といい、2進数の8ケタ(8ビット)のことを1バイト(Byte)といいます。

 

たとえば、ひらがな「あ」という情報は、「1000001010100000」とコンピュータは認識しています。
この、ひらがなの「あ」に該当する「1000001010100000」は、16ケタの2進数なので、16ビットですが、同時に2バイトということもできます。

 

大きい単位の接頭語

10,000センチメートルと言うことはほとんどなく、1キロメートルということの方が自然です。このように、大きい単位の数字を表す時に使う単位の接頭語を説明します。

 

コンピュータが扱うデータというのは、ひらがなの一文字だけということはなく、時には本何十冊分とかになったりすることはよくあります。本1冊はだいたい12万文字といわれていますが、これをバイトにすると、「24万バイト」となります。

 

仮に本の10冊分のデータ量とすると、「240万バイト」ですが、「2,400,000バイト(byte)」と言われてもピンときません。ちょっと極端ですが、「駅から10万センチメートル(cm)先に家があるんだ」と言われるよりは、100センチメートルは1メートルで、1000メートルが1kmなので、100,000cm = 1,000m = 1kmといったように、「駅から、1キロメートル(km)先に家があるんだ」と言われた方がピンときますよね。

 

このような単位の接頭語をバイト(Byte)を基準にして以下に一覧にします。

 

名称 呼び方 記号 英語 基本単位からの倍数 バイト(B)で言うと
バイト バイト B(b) Byte 1倍 1byte
キロ キロバイト k Kilo 1,000倍(千倍) 1,000byte = 1kB
メガ メガバイト M Mega 1,000,000(百万倍) 1,000,000byte = 1MB = 1,000kB
ギガ ギガバイト G Giga 1,000,000,000(十億倍) 1,000,000,000byte = 1GB = 1,000MB
テラ テラバイト T Tera 1,000,000,000,000(一兆倍) 1,000,000,000,000byte = 1TB = 1,000GB
ペタ ペタバイト P Peta 1,000,000,000,000,000(千兆倍) 1,000,000,000,000,000byte = 1PB = 1,000TB

 

上の例で言えば、「2,400,000バイト(byte)」は「2,400キロバイト(kbyte)」であり、「2.4メガバイト(Mbyte)」でもあるといういうことですね。

 

なかなか覚えるまで苦労しますが、私は、「キロ、メガ、ギガ、テラ、ペタ」のように先に順番を暗記して、それぞれは前の数の1,000倍になると覚えました。

 

小さい単位の接頭語

大きい単位と同じように、小さい単位にも接頭語があります。時間を表すときに良く使われますが、「0.001秒(sec)間の間に」という言うより、「1ミリ秒(ms)間の間に」といった方が自然です。

 

このような単位の接頭語を秒(sec(s))を基準にして以下に一覧にします。

 

名称 呼び方 記号 英語 基本単位からの倍数 秒(s)でいうと
セカンド(秒 セカンド s(sec) Second 1倍 1s
ミリ ミリセカンド m Milli 1/1000(千分の一) 0.001s = 1ms
マイクロ マイクロセカンド μ Micro 1/1,000,000(百万分の一) 0.000001s = 1μs = 0.001ms
ナノ ナノセカンド n Nano 1/1,000,000,000(十億分の一) 0.000000001s = 1ns = 0.001μs
ピコ ピコセカンド p Pico 1/1,000,000,000,000(一兆分の一) 0.000000000001sec = 1ps = 0.001ns

 

私はこれも、「ミリ、マイクロ、ナノ、ピコ」と順番を先に暗記して、それぞれが1/1000(千分の一)になると覚えました。


スポンサーリンク

管理人


ホーム サイトマップ
HOME